身近な人だけを招待する家族婚の魅力とは

最近、家族や身近な人を集めて少人数で行う「家族婚」が増えています。少人数で行う結婚式は、出席者に対して細かい気づかいができ、アットホームであたたかい結婚式をすることができます。
大勢の人を招待する結婚式では、出席者全員とゆっくり話をすることもできませんが、少人数であれば、一人ひとりとゆっくりお話をすることができ、結婚相手のことをしっかりと身内に紹介することができるでしょう。
また、出席者の希望にあった料理に変更しやすいのは少人数結婚式の魅力です。苦手な食材やアレルギーがある食材はもちろん、洋風を和風になど、年配の招待客にも満足してもらえる料理内容にすることができるメリットもあります。
家族だけ、親しい人だけの結婚式は寂しく感じるかもしれませんが、少人数ならではの手厚いもてなしができるのは大きな利点です。

少人数だからこそこだわる披露宴会場の選び方

身近な人だけを招待する結婚式では、大きな結婚式場を選択する必要はありません。人気があるのは、レストランやゲストハウス、ホテルなどの会場です。
出席者がみな近くに住んでいる場合は、全員が集まりやすい便利な会場にする必要があり、また遠方から来る招待客が多ければ、宿泊することのできるホテルなどを選択するべきでしょう。
また、少人数だからこそ、料理は美味しいところを選びましょう。ゆっくり時間を使うことができる分、料理に対する注目も集まりがちです。料理で話が盛り上がるような素敵な料理を出してくれる会場を選ぶと、出席者も喜んでくれるでしょう。
会場の雰囲気も重要です。あまりに狭すぎる会場だと圧迫感がありますし、広すぎると寂しく感じてしまいます。特別な演出をしにくい家族婚だからこそ、会場はリラックスできる良い雰囲気の会場を選びましょう。

家族挙式とは、ごく近しい親戚や家族のみを招待して行われる挙式のことです。費用も最小限に抑えられるため、地味婚ブームとして近年多い挙式の一つです。